未分類

【まとめ】創業融資を成功させる創業計画書の書き方のポイント

投稿日:

日本政策金融公庫の創業融資は、創業計画書だけで融資を受けることができます。
ですので、創業計画書の出来が、創業融資の審査に大きく影響します。
日本政策金融公庫では、業種ごとに記入例を提供していますが、少しザックリし過ぎています。
ですので、
・高額の融資を希望している
・自己資金に不安がある
・事業経験に不安がある
のどれかにあてはまる場合は、記入例のレベルでは、融資を受けるのは厳しいでしょう。

詳しくはこちら!
創業計画書の書き方、日本政策金融公庫の記入例どおりで大丈夫?

創業の動機

創業の動機のポイントは「事業がうまくいって、きちんと借入れを返せる」ことを端的に伝えることです。
具体的には、
・どういった経験をして、どのようなノウハウ・スキルがあるのか
・どのような独自性・強みがあるのか
・起業のために、どれだけ準備してきたか
を書きましょう。
ただ、これらは、創業計画書の他の項目で詳しく説明するものになります。
ですので、創業の動機は、他の項目を完成させて、最後に書くことをオススメします。

詳しくはこちら!
創業計画書の書き方のポイント①創業動機

経営者の略歴等【特に重要】

創業融資の審査で、事業経験は、非常に重要なポイントになります。
銀行は、起業する業種の経験が多い方が、成功する確率が高いと考えているからです。
融資の担当者は、勤務年数だけでなく、勤務先で何を経験して、どのようなスキル・ノウハウを得たかを評価します。
ですので、(履歴書ではなく)「職務経歴書」のイメージで書くことがポイントです。
事業経験が足りない場合は、起業に向けて努力してきたことや、経営スキルをアピールしましょう。営業・マーケティング・マネジメントの経験は、どの業種であっても経営に役立ちます。
ただ、まったくの未経験では、さすがに説得力がありません。
最低1年は、事業の経験を積みましょう。

詳しくはこちら!
創業計画書の書き方のポイント②事業経験

取扱商品・サービス

「何を(商品・サービス)」「誰に(ターゲット)」「どうやって売るか(販売戦略)」をしっかり書きましょう。
商品・サービスは、料金単価を必ず書くようにしましょう。「事業の見通し」の売上の計算のベースになるからです。
セールスポイントは、独自性・強みの根拠を具体的に書きましょう。経験が根拠になっていると、説得力が強くなるでしょう。
ターゲットは、年齢などの属性・エリアなどでしっかり絞り込みましょう。ターゲットの絞り込みができれば、商品・サービスの独自性・強みに説得力がでます。
販売戦略は、商品・サービスの分野、ターゲットの属性に合ったものになっているか書きましょう。

詳しくはこちら!
創業計画書の書き方のポイント③取扱商品・サービス

取引先・取引関係等

ビジネスをする上で核となる販売・仕入・外注の取引先を書きます。
ポイントは、具体的な取引先の名前を書くことです。
特に、販売先が重要になります。具体的な取引先の名前を書いたうえで、契約書などの根拠資料を提出できれば、大きなプラスになります。オフィシャルな書類でなくても、取引先とのメールのやりとりでもかまいません。
飲食業など不特定多数の消費者が販売先の場合は、ターゲットとなる客層を書くとともに、潜在的な顧客の人数のわかる資料を添付しましょう。潜在的な顧客の人数は、統計から推定してもいいですが、どうしても粗いです。できれば交通量などの実地調査をしましょう。起業の熱意・計画性といった点でもプラスの評価になります。

詳しくはこちら!
創業計画書の書き方のポイント④取引先・取引関係等

従業員

人員の確保ができているか、過剰な人員計画になっていないかチェックされます。
人員の確保については、採用方法を含め、説明できるようにしましょう。
また「事業の見通し」の人件費を計算するベースになるので、つじつまが合っているか確認しましょう。

お借入の状況

住宅ローンは、創業融資の審査に、大きく影響しません。
ですが、カードローンがある場合は、マイナスの評価になってしまいます。
ですので、カードローンがある場合は、できるだけ創業融資の申込の前に、完済しましょう。
もし、カードローンが残った場合でも、隠さずに書くことをオススメします。
日本政策金融公庫は、申込者の信用情報をチェックしていますので、隠してもばれます。
ですので、隠さずに書いたうえで、借入理由が浪費ではないことと返済計画をきちんと説明しましょう。

詳しくはこちら!
創業計画書の書き方のポイント⑤従業員、借入の状況

必要な資金と調達方法【特に重要】

起業の初期投資の内容と、その資金の調達方法を説明する項目になります。
自己資金と借入のバランスが取れているかが、創業融資の審査では非常に重要なポイントになります。

必要な資金には、設備資金と運転資金があります。
設備資金の場合、必ず見積書などの書類の提出が必要となります。
設備資金については、資金使途が厳しくチェックされます。資金使途違反が判明した場合は、借入れの一括返済など大きなペナルティを受けるので、絶対にやめましょう。
運転資金は、2~3カ月分が融資の限度になります。
運転資金の計算にあたっては、「事業の見通し」の経費がベースになるので、整合性がとれているか確認しましょう。

調達方法については、自己資金をどれだけ用意できたかがポイントになります。
融資を受けたい金額の1/3以上、かつ、100万円以上の自己資金が必要でしょう。
自己資金が足りない場合は、親からの贈与などで補うことができます。親から贈与を受ける場合は、必ず「贈与契約書」をつくりましょう。

詳しくはこちら!
創業計画書の書き方のポイント⑥必要な資金と調達方法

事業の見通し【特に重要】

創業融資の審査で、最も重要な項目になります。
事業がうまくいって、借入金を返済することができることを数字で説明する項目になります。
融資の担当者に、確実に達成できる、と納得してもらえる数字でなければなりません。
ですので、「売上は小さく、経費は大きく」がポイントになります。
収支計画の中でも、売上の予測が最も重要になります。
売上は、どの業種であっても
単価×数量
に分解できます。
商品・サービスごと、個別の事情ごとに分けて、積み上げ計算しましょう。
売上の予測は希望的観測になりがちです。本当に確実に達成できる水準か慎重に検討しましょう。
経費については、起業すれば思いもよらない経費が掛かります。
ですので、経費の洗い出しを徹底するとともに、多めの金額を見積もりましょう。

詳しくはこちら!
創業計画書の書き方のポイント⑦事業の見通し

まとめ

創業計画書のポイントをまとめました。
最後に、それぞれの項目で、矛盾するものがないかチェックしましょう。
例えば
・「従業員」の項目の人数と「事業の見通し」の人件費の計算で使う人数が違う
・「取取扱商品・サービス」の料金単価と「事業の見通し」の売上の計算で使う単価が違う
・「必要な資金・調達方法」の運転資金の内訳と「事業の見通し」の経費の金額が違う
などです。
創業計画書に整合性がなければ、信頼性がなくなってしまいます。
創業計画書の仕上げとして、整合性のチェックを忘れないようにしましょう!

The following two tabs change content below.
石水 克一

石水 克一

大阪市中央区本町の日本政策金融公庫の創業融資に強い税理士です。 起業家支援に特化した代表税理士が担当者となり、お客様の近くに寄りそって、しっかりと経営サポートをします!
石水克一税理士事務所のサービスメニュー

-未分類

Copyright© 石水克一税理士事務所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.