銀行融資

創業計画書の書き方のポイント①創業動機

更新日:

今回は、日本政策金融公庫の創業計画書の項目のうち、「1.創業の動機」について、詳しくみていきましょう。
「創業動機」は、他の項目と比べて、はっきり何を書けばいいのかわからないので、少し書きにくいかもしれません。
そこで、おすすめの作成の方法も、紹介します!

何を書けばいいのか

「創業動機」というと、「熱意・信念・ビジョンを書きましょう」と、本やインターネットでよく言われます。
確かに、事業をするうえで、熱意・信念・ビジョンは、とても大切です。
ですが、銀行からすれば、それよりも「事業がうまくいって、きちんと借入れを返してくれるのか」ということに一番関心があるのです。

では、「事業がうまくいって、きちんと借入を返せる」ことをアピールするために、具体的に、どういったことを書けばいいのでしょうか?
具体的には、
・経験
・独自性、強み
・起業のために、どれだけ準備してきたか
の3つを書きましょう。

経験

創業融資の審査では、開業する事業の経験は、非常に重要なポイントになります。
融資の担当者は、たくさんの起業家を見てきた経験から、開業する事業の経験がたくさんある方が、事業を成功させる確率が高いと考えています。
ですので、事業の経験については、必ず書きましょう。
ポイントは、勤務年数だけではなく、どういった内容を経験して、どういったスキルを培ったかを書くことです。
さらに、営業実績・表彰などがあれば、インパクトがあるので、書くと良いでしょう。

独自性・強み

商品・サービスに、独自性・強みがなければ、なかなか売れません。
競合との差別化ができていないので、買い手が購入する理由がないからです。
ですので、あなたの商品・サービスの独自性・強みをアピールしなければなりません。

起業のために、どれだけ準備してきたか

実は「起業のためにどれだけ準備してきたか」を書くことが、「熱意」を伝えることになります。決して、思いつきで起業するわけではないということがわかります。

「準備」といっても、具体的にはどういったことを書くのでしょうか?
具体的には、
・自己資金の準備
・顧客確保の確約、メド
などになるでしょう。

「自己資金」は、コツコツ貯めたお金が基本です。自己資金が十分であれば、資金を借入れに依存しないことになるので、資金面で銀行は安心してくれます。

「顧客確保の確約」ができていれば、大きなアピールになります。
事業計画が、地に足のついたものである証明になりますし、開業の頭から売上が見込めます。

おすすめの作成方法

「創業の動機」は、3ステップで作りましょう。
1.まず、「創業動機」以外の他の項目を完成させましょう。
2.最後に、「創業の動機」をまとめましょう。
3.仕上げとして、ムダな文章を削りましょう。

ポイントは手順です。「創業の動機」を最後に作ります。

理由は、「創業の動機」は、結局、創業計画書の他の項目をまとめたものになるからです。
先ほど説明した「創業の動機」で書くべき3点は、創業計画書の他の項目に対応しています。
「経験」については「2.経営者の略歴等」ですし、「独自性・強み」については「3.取扱商品・サービス」の「セールスポイント」ですし、「起業のためにどれだけ準備してきたか」については、「顧客のめど」ということであれば、「4.取引先・取引関係等」の「販売先」になります。
ですので、先に他の項目を固めておけば、「創業動機」は、まとめるだけでOKです。
ですが、あまり冗長になるようでしたら、重要でない部分・無駄な部分は、削りましょう。
補足ですが、創業計画書のフォーマットでは、「創業の動機」は4行しかありません。
ですので、4行に収まらない場合は、別紙に書いてもかまいません。その場合、創業計画書には「別紙参照」と書いておきましょう。
それと、文章で書くのが苦手であれば、箇条書きでもかまいません。

まとめ

「創業の動機」では、「事業がうまくいって、きちんと借入れを返せる」ことをアピールしましょう。
創業計画書の全体でアピールしているのですが、それを「創業の動機」に集中させるイメージです。
「創業の動機」は、1番目の項目なので、融資の担当者は、最初に「創業の動機」を読みます。
そこで、あなたの強みをまとめた「創業の融資」を読んで、融資の担当者が興味を持ってくれれば、他の項目についても融資の担当者に響くことになるでしょう。

The following two tabs change content below.
石水 克一

石水 克一

大阪市中央区本町の日本政策金融公庫の創業融資に強い税理士です。 起業家支援に特化した代表税理士が担当者となり、お客様の近くに寄りそって、しっかりと経営サポートをします!
石水克一税理士事務所のサービスメニュー

-銀行融資

Copyright© 石水克一税理士事務所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.