税金

消費税の中間申告 前年度の年税額によって前払いの回数が変わる!

更新日:

税金の支払い計画で忘れてはいけないのが、中間申告・納付です。
ですので、消費税の中間申告の税金が、いつ、いくらかかるのかを知っておかなければなりません。

特に、消費税の中間申告は前年度の年税額によって前払いの回数・時期・税金が変わるので、少し複雑です。

そこで今回、消費税の中間申告についてまとめました。

消費税の中間申告とは

消費税の中間申告とは、税金の前払い(予定納税)です。

税金の前払いですので、確定申告の時に精算されます。

例えば、
・消費税の年額が100万円
・中間申告で支払った消費税が60万円
の場合ですと、
確定申告で支払う消費税は
100万円-60万円=40万円
となります。
税金の前払い分がきちんと精算されていますよね。

消費税の中間申告をしなければならない事業者

前年度の消費税が48万円を超える課税事業者は、消費税の中間申告をしなければなりません。

ですので、以下の場合などは消費税の中間申告をする必要がありません。

  • 前年度の消費税の年額が48万円以下の事業者
  • 免税事業者
  • 開業1年目・設立1期目の事業者

消費税の免除については、こちらをご覧ください。

起業から2年間、本当に消費税が免除されるのか?

消費税の中間申告の回数

前年度の消費税の年税によって、消費税の中間申告の回数が変わります。

具体的には、以下のようになります。

  • 前年度の消費税が48万円~400万円の場合
    中間申告の回数1回
  • 前年度の消費税が400万円~4,800万円の場合
    中間申告の回数3回
  • 前年度の消費税が4,800万円を超えている場合
    中間申告の回数11回

消費税の中間申告の申告期限・納付期限

消費税の中間申告は、中間申告の回数によって、申告と納税の期限が決まっています。

個人事業主、フリーランスの場合

個人事業主、フリーランスの場合、申告と納税の期限は以下のようになります

  • 中間申告1回(前年度の消費税が48万円超)
    8月末日
  • 中間申告3回(前年度の消費税が400万円超)
    5月末日、8月末日、11月末日
  • 中間申告11回(前年度4の消費税が,800万円超)
    5月~翌年1月まで毎月末日(5月は3回分を申告・納付)

法人(会社)の場合

法人(会社)の場合、申告と納税の期限は以下のようになります。

  • 中間申告1回(前年度の消費税が48万円超)
    期首から8カ月以内
  • 中間申告3回(前年度の消費税が400万円超)
    期首から5カ月以内、8カ月以内、11カ月以内
  • 中間申告11回(前年度の消費税が4,800万円超)
    期首から4カ月から翌年度1ヶ月の毎月末日まで(初回は2回分を申告・納付)

例えば、3月が決算月の会社の場合ですと、申告と納税の期限は以下のようになります。

  • 中間申告1回(前年度の消費税が48万円超)
    11月末日
  • 中間申告3回(前年度の消費税が400万円超)
    8月末日、11月末日、翌年2月末日
  • 中間申告11回(前年度の消費税が4,800万円超)
    7月~翌年4月まで毎月(7月は2回分を申告・納付)

消費税の中間申告の計算方法

中間申告の税金の計算は、以下の2つの方法あります。

  • 前年度実績による方法
  • 仮決算による方法

原則は、前年度実績による計算方法です。
ただし、前年度に比べて大幅に業績が悪化した場合は、税金の負担を減らすために、仮決算による計算方法を検討してもよいでしょう。

前年度実績による方法

前年度の消費税の実績により、中間申告の回数によって、それぞれ以下のように計算されます。

  • 中間申告1回(前年度48万円超)
    前年度の消費税の年額×1/2
  • 中間申告3回(前年度400万円超)
    前年度の消費税の年額×1/4
  • 中間申告11回(前年度4,800万円超)
    前年度の消費税の年額×1/12

前年度実績による方法では、申告書の提出を省略することができます。
税務署から送られてきた納付書により、税金を納付するだけでOKです。

前年度実績による方法は、手間がかかりません。
ですので、実務的にはこちらの方法をとる会社がほとんどになります。

仮決算による方法

仮決算による方法は、中間申告の期間を1事業年度とみなして、その期間の申告をして税金を計算します。
つまり、当年度の実績により税金を計算するということになります。

手続きは、通常の確定申告と変わりません。

仮決算による消費税の中間申告について、注意点がいくつかあります。

  • 仮決算による税金>前年度実績による税金
    となる場合は、仮決算による方法を選ぶことはできません。
  • 仮決算による方法で計算した結果、消費税がマイナスになっても還付はされません。税金は0円になります。
  • 前年度実績による方法か仮決算による方法かは、中間申告の期間ごとに選択することができます。
    例えば、中間申告が3回の場合
    ・1回目 前年度実績
    ・2回目 仮決算
    ・3回目 前年度実績
    とすることもできます。

仮決算による方法は、中間申告の税金の負担を減らすことができます。
ですが、通常の確定申告と同じだけの手間がかかってしまいます。

消費税の中間申告のスケジュールの一覧

消費税の中間申告について、スケジュールを一覧にまとめてみました。

前年度の年額 48万円超 400万円超 4,800万円超
中間申告の回数 1回 3回 11回
申告・納税期限
(個人事業主)
8月末日 5月、8月、11月の末日 5月~翌年1月まで毎月末日
申告・納税期限
(法人)
期首から8カ月以内 期首から5、8、11カ月以内 期首から4カ月~翌年度1ヶ月の毎月末日
税金の計算 前年度の年額×1/2 前年度の年額×1/4 前年度の年額×1/12

まとめ

いかがでしたでしょうか?

消費税の中間申告は、前年度の年税額によって、申告と税金の支払いの回数が変わります。

ですので、資金繰りに、消費税の前払いのスケジュールをきちんと落とし込むことが大切になります。

会社の法人税の中間申告については、こちらをご覧ください。

法人税の中間申告は税金の前払い(予定納税) 計算方法は2つある

個人事業主・フリーランスの所得税の予定納税については、こちらをご覧ください。

所得税の予定納税 個人事業主・フリーランスはいつ、いくら必要か?

The following two tabs change content below.
石水 克一

石水 克一

大阪市中央区本町の日本政策金融公庫の創業融資に強い税理士です。 起業家支援に特化した代表税理士が担当者となり、お客様の近くに寄りそって、しっかりと経営サポートをします!
石水克一税理士事務所のサービスメニュー

-税金

Copyright© 石水克一税理士事務所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.