税金

個人事業主・フリーランスの開業前の経費はどこまで認められる?

投稿日:

個人事業主・フリーランスの開業前にかかった費用は、どこまで認められるのでしょうか?
開業1年目は、開業前の経費についても悩むところですよね。

そこで今回、個人事業主・フリーランスの開業前の経費の取り扱いについて、まとめてみました。

開業費とは

開業費とは、事業を開始する前に開業準備のために特別に支払った費用のことです。

そのまま文字通りという感じですね。

「開業費」と「開業後の通常の経費」は、会計上も税金上もちがう取り扱いになるので、きちんと分けましょう。

開業費になるもの

開業費になるものは、例えば次のようなものがあります。

  • 事務所・店舗の家賃、水道光熱費
  • 従業員の採用費用、給料
  • 営業のための贈り物代、飲食代
  • 打ち合わせなどの飲食代、喫茶代
  • ホームページ制作費
  • ドメイン費用、レンタルサーバー代
  • パンフレット、チラシなどの広告宣伝費
  • 名刺代
  • 事務用品などの消耗品費

このように、開業の準備のために必要なものであれば、幅広く認められます。

家賃、水道光熱費、給料など開業後も引き続き生じる経費についても、

  • 開業前のものは、開業費
  • 開業後のものは、通常の経費

と分けましょう。

ただ、ひとつ注意しなければならないことがあります。

開業費は、事業の準備のための費用ですので、事業に必要なものであることを明らかにしなければなりません。

事務所・店舗の家賃、給料、広告宣伝費などは、事業の準備のためにかかったものであることが明らかです。

ですが、例えば、飲食代や消耗品は領収書を見ただけでは、事業の準備のためのモノかどうかわかりません。
ですので、領収書に相手先と目的をメモ書きしておきましょう。

開業費にならないもの

開業費にならないものは、次のようなものがあります。

  • 事務所・店舗の敷金・保証金、礼金
  • 10万円以上のモノ
  • 商品の仕入

事務所・店舗の敷金・保証金、礼金

敷金・保証金は、後から戻ってくるものですので、開業費にも通常の経費にもなりません。

礼金については、20万円未満であれば通常の経費になります。20万円以上の場合は原則5年に分けて経費にします。

10万円以上のモノ

10万円以上のモノについては、いったん資産として計上して、資産の種類に応じて決められている年数により、少しずつ減価償却費として経費にしていきます。

10万円以上は減価償却で経費にする。基本をわかりやすくまとめました 

なお、青色申告の法人であれば、30万円までの固定資産を1度に経費にすることができますので、必ず青色申告にしておきましょう。

個人事業主はメリットいっぱいの青色申告!本当にデメリットはない?

30万円未満の減価償却は、3つの方法から選ぶことができる! 

商品の仕入

商品の仕入は、開業費ではなく通常の経費(原価)となります。

ただし、開業前に仕入れた商品であっても、12月末日に残ってしまった在庫については、1年目の経費になりません。

開業費は「いつから」の支出か

開業費はいつからの支出か、という明確な決まりはありません。

ただ、一般的には開業前1年未満ぐらいまでとされています。

1年以上前のものであっても、開業の準備のための費用であることが明らかであれば、開業費に入れて問題ないでしょう。
ただし、過去になればなるほど、税務署が納得できる説明が求められます。

開業費を経費にする方法

開業費は、いったん資産として計上します。
資産として計上した後は、これを経費に振り替えていくことになります。

いったん資産として計上して、その後に経費としていくというのは、減価償却とよく似ていますよね。

ただ、減価償却の場合は、資産の種類などによって、何年で経費にするかが決まっています。
これに対して、開業費の場合は、任意償却といって、税金の計算上は「いつ」「いくら」経費にするのかを自由に決めることができます。

例えば、開業費が30万円の場合、
・1年目に全額30万円を経費にする
・1年目は0円、2年目に全額30万円を経費にする
・1年目10万円、2年目に残り20万円を経費にする
など、どれでも問題ありません。

利益を見ながら、いくら経費にするかを決めればいいので、非常に便利ですよね。

例えば、
・1年目から黒字を出したい場合は、1年目の経費にはせずに、2年目以降の経費にする。
・1年目の本業がそもそも赤字であれば、1年目に全額を経費にして、1年目に赤字を出し切る
などのやり方が考えられます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

開業費の範囲は広く認められています。
ですので、開業費にならないものをおさえておけばよいでしょう。

開業準備のために必要なものであることを説明するために、飲食代や消耗品代などの領収書に相手先と目的をメモしておきましょう。

法人の会社設立前・開業前の経費の取り扱いについては、こちらをご覧ください。

会社設立前の経費ってどうなるの?創立費・開業費を上手に活用

The following two tabs change content below.
石水 克一

石水 克一

大阪市中央区本町の日本政策金融公庫の創業融資に強い税理士です。 起業家支援に特化した代表税理士が担当者となり、お客様の近くに寄りそって、しっかりと経営サポートをします!
石水克一税理士事務所のサービスメニュー

-税金

Copyright© 石水克一税理士事務所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.