銀行融資

起業したらお金を借りるべきか?

更新日:

起業した時の大きな悩みに、資金のことがあると考えます。
起業家がお金を借りる場合、日本政策金融公庫の創業融資または地方自治体の制度融資がメインになります。
ただ、借入れはせずに「手元資金だけでスタートしよう」とは考えていませんか?
手元資金だけで経営しようとするのは、きわめて危険です。

創業後、しばらくは赤字が続くのが普通です

手元の資金だけで、ちゃんとお金は回る事業計画だから大丈夫、とは考えていませんか?
事業計画をしっかり作るというのは、とても大切なことですよね。
ただ、事業計画をどれだけしっかり作ったとしても、起業はその通りにはなりません。
想定よりも利益が上回る「上振れ」であればいいのですが、
たいていは、想定よりも利益が下回る「下振れ」であることが多いのです。
創業後、しばらくは、赤字が続くのが普通です。
ですので、最初の目標は、いかに早く黒字に転換することができるか、になります。
ただ、黒字に転換するまでには、赤字に耐える分厚いキャッシュが必要なんです。

借りたいときに借りられない

お金が必要な時に、融資を申し込めばいいのでは、と考えていませんか?
「銀行は晴れた日に傘を差し出し、雨の日に傘を取り上げる」
お金を借りたいときには借りられません。
起業してしばらくたてば、実績ができます。
そうなると、創業融資の時ように、創業計画書だけで、お金を貸してはくれません。
ここから先の融資の審査は、事業の実績がメインになります。
手元資金が厳しくなっているということは、業績も赤字が続いている状態でしょう。
そこで銀行にいきなり飛び込んだとしても、銀行から見れば、融資実績もなく、赤字続きで、キャッシュもない会社です。きっとお金は貸さないでしょう。

資金に余裕がなくなると、精神的に追いつめられる

お金がないのに、銀行に相手にしてもらえないと大変です。
手元資金が少なくなってくると、当然、資金ショートのリスクが高まります。資金繰りのことで頭がいっぱいになって、とても経営に集中することができません。そうなれば、経営改善されるわけもなく、さらに業績は悪化するでしょう。さらに、資金は枯渇することになります。負のスパイラルにはまってしまいます。
短期的に、資金の問題を解決するには、どこからか資金調達をしなければなりません。
高金利のノンバンクから借りるか?親に泣きつくか?友人に頼みこむか?いずれもハードそうですね。

金利に大きなインパクトはない

借金をしたくない大きな理由として、金利の負担があるのではないでしょうか?
ただ、創業融資の金利負担が、収益にどれだけ影響するのでしょうか。
そもそも、創業融資は、公的な金融機関で受けるでしょうから、金利自体が低く設定されています。ですので、金利が経営に大きなインパクトは与えません。
例えば、創業融資で500万円を調達した場合、年利2%とすると、年間10万円、月8~9千円程度の金利負担に過ぎません。

まとめ

スタート時点で、創業融資を受けるべきです
「借金は悪」という固定観念は、捨てましょう。
金利負担のデメリットは、小さな問題です。
大きな問題は、スタート段階でいかに手元資金を確保するかということです。
会社は、赤字になるから潰れるのではありません。お金がなくなるから潰れるのです。

The following two tabs change content below.
石水 克一

石水 克一

大阪市中央区本町の日本政策金融公庫の創業融資に強い税理士です。 起業家支援に特化した代表税理士が担当者となり、お客様の近くに寄りそって、しっかりと経営サポートをします!
石水克一税理士事務所のサービスメニュー

-銀行融資

Copyright© 石水克一税理士事務所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.