銀行融資

日本政策金融公庫の創業融資、信用情報にキズはないか?

更新日:

創業融資の場合、事業の実績がないため、個人の信用情報が非常に重要になります。
日本政策金融公庫では、個人の信用情報をチェックしています。
信用情報にキズがある場合、融資を受けるのは非常に難しいでしょう。
信用情報について、詳しく見ていきましょう。

3つの個人情報機関

個人の信用情報を管理する個人情報機関は3つあります。
金融機関などは、3つの内のどれかに加盟しています。
・CIC
 主にクレジットカード系の信用情報機関です。
 日本政策金融公庫は、CICに加盟しています。
・全国銀行個人信用情報センター(KSC)
 主に銀行系の信用情報機関です。
・JICC
 主に消費者金融系の信用情報機関です。
注意したいのは、CRINという信用情報交流ネットワークがあって、3つの個人情報機関で延滞の情報などが共有されているということです。
ですので、CICの信用情報は大丈夫だとしても、例えばJICCで延滞の情報などが登録されていれば、日本政策金融公庫も延滞の情報を知ることができるということです。

日本政策金融公庫は、信用情報を確認しているのか

日本政策金融公庫の借入申込書に、「必要と認めた場合、CICの個人信用情報を、与信のために利用します」という内容のことが書いてあります。
ですので、個人の信用情報はチェックされていると考えましょう。

信用情報とは

個人情報機関に登録されている信用情報は、具体的にどのようなものでしょうか?
具体的には、次のような情報が登録されています。
・名前、生年月日など、本人を識別するための情報
・クレジットやローンの申込・契約情報
・クレジットやローンの支払い状況に関する情報

信用情報のキズ

「信用情報にキズがある」とは、どういったことを言うのでしょうか?
具体的には、次のようなことです。
・クレジットやローンの延滞・遅延がある
・債務整理している
・直近6カ月に、何度もクレジットやローンの申込がある
携帯電話代の延滞・遅延も含まれることに注意が必要です。

登録期間

信用情報は、永久に登録されるわけではありません。
信用情報の内容によって、次のように登録期間が決まっていて、登録期間が過ぎると抹消されます。
・申込情報 6か月
・遅延、延滞 5年
・債務整理 5年(自己破産は、10年)

CICの信用情報の確認方法

信用情報に不安がある場合は、開示請求をして、信用情報にキズがないか確認しましょう。
CICの信用情報の開示情報は、窓口、郵送、インターネットのいずれかで取得可能です。
インターネットでの取得がお手軽でおすすめです!パソコン、スマホどちらでもOKです。
インターネットでの取得の場合、手数料は1,000円で、クレジットカード決済になります。
手続き後、PDFファイルをダウンロードして、すぐに確認することができます。

個人信用情報にキズがあると、借入れは非常に難しい

信用情報にキズがある場合、融資を受けるのは非常に厳しいです。
登録期間が過ぎて、信用情報が抹消されるのを待つしかありません。
ただ、直近2年間ぐらい、支払いの延滞・遅延などがなければ、融資金額にもよりますが創業融資を受けられる可能性はあります。

まとめ

個人信用情報についてまとめました。
信用情報のほかにも、税金、家賃、公共料金に遅延や未払いがないかについても、チェックされます。
信用情報と同じく、遅延や未払いがある場合は、融資を受けるのは非常に厳しいです。
もし、未払いのものがあれば、融資の申込の前に、支払いを済ませておきましょう。

The following two tabs change content below.
石水 克一

石水 克一

大阪市中央区本町の日本政策金融公庫の創業融資に強い税理士です。 起業家支援に特化した代表税理士が担当者となり、お客様の近くに寄りそって、しっかりと経営サポートをします!
石水克一税理士事務所のサービスメニュー

-銀行融資

Copyright© 石水克一税理士事務所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.